女性・主婦のための【まつやまのオシゴト.com】|正社員と契約・派遣・パート、どう違う?

正社員と契約・派遣・パート、どう違う?

正社員と契約・派遣・パート、どう違う?

あなたに合った働き方は?
正社員と非正規雇用の違いと、そのメリット・デメリットをチェックしましょう。解説はマザーズハローワーク東京 室長の青木恵美子さん。

「正社員」と「非正規」、何が違う?

正規雇用

■正社員
一般的に、雇用期間に定めがなく、会社が定めた時間にフルタイムで働き、年齢とともに給料が上がります。会社の必要に応じて、残業や、転勤することもあります。

非正規雇用

正社員以外のすべての働き方を指します。主に契約社員、派遣社員、パートなど(下記参照)。それぞれに違いがあります。
契約社員(有期労働契約)正社員と違い、労働契約にあらかじめ雇用期間が定められた働き方を指します。契約期間満了後、再契約できることもあれば、できないこともあります。1回あたりの契約期間の上限は、一定の場合を除いて3年です。

■契約社員(有期労働契約)
正社員と違い、労働契約にあらかじめ雇用期間が定められた働き方を指します。契約期間満了後、再契約できることもあれば、できないこともあります。1回あたりの契約期間の上限は、一定の場合を除いて3年です。

■派遣社員
会社ではなく、派遣会社と契約を結びます。まず派遣会社に登録し、自分のスキルや希望を伝えます。派遣会社が会社を探し出し、条件が合えば、その会社を紹介してもらい、働くことになります。 給料は働いている会社からではなく、派遣会社から支払われます。パートタイマー(アルバイト)同じ事業所に働く正社員に比べて、働く日数や時間が短い働き方をアルバイトといいます。パートタイマーも同じ意味で使われます。

■業務委託
会社に雇用されるのではなく、仕事の依頼を受ける働き方です。どんな仕事をどんな料金でいつまでに完了させるかなど、会社と個別に契約を結びます。独立した「事業主」として扱われるため、労働基準法など、労働者としての保護を受けることはできません。

雇用形態別 メリット・デメリット比較

無理のない働き方を選びましょう

特に子どもが小さいうちは、夫など家族としっかり相談したうえで、家庭に合った無理のない働き方を選びましょう。マザーズハローワーク東京の利用者の状況としては、お子さんが小学校低学年くらいまでの場合、正社員(フルタイム)希望で相談に来られても、求人条件などを検討していくうちに、結果として、パートで就職を決める方のほうが多いようです。

子どもが少し手を離れてから正社員で再就職しようとしてもなかなか厳しい現実もあります。末子が10歳になるとき、お母さんの年齢はおよそ45歳ですから、それからでも正社員を選べるよう、企業の採用年齢は、実状に応じて、もっと上げてもらえるといいですね

⇒子どもがいても働ける?
>>『子どもを預けて働くには』

⇒仕事に役立つのはこんな資格
>>『今どきの注目資格』