女性・主婦のための【まつやまのオシゴト.com】|シングルマザーのお仕事選び

シングルマザーのお仕事選び

シングルマザーにおすすめのお仕事と、就職に成功するコツ!

シングルマザーが働きやすい環境を整えている企業はたくさんあります。
シングルマザーにとって仕事は、生活・育児の両面で必要不可欠なものです。金銭面・働きやすさなどの条件が少しでも良いところを探すために、今回は、シングルマザーの仕事選びのポイントについてご紹介します。

シングルマザーのお仕事選びのポイント

母親がひとりで子どもを育てるには、お給料はとても大切な要素です。また、長く続けられる仕事かどうか、シングルマザーにとって働きやすい職場かどうかを見極める必要があります。

■子どもが小さい場合
子どもがまだ小さい場合、仕事中の子どもの預け先を確保しなければなりません。実家の両親や親せきに頼れる場合は別ですが、そういう環境が整っていない人は学童や保育所を利用することになります。
保育所には認可保育所と無認可(認可外)保育所があります。公費で運営されている認可保育所は、保育料は安いものの、数が十分とは言えず入所が難しい場合があります。無認可保育所は施設が多く入所時期を柔軟に対応してもらえるものの、保育料が高いところが多く、その分金銭的な負担が大きくなります。 ただし、状況にもよりますが、母子家庭の子どもは認可保育園に優先的に入所させてもらえる可能性が高いといわれています。上手くタイミングを合わせ、就職先が決まるまでに子どもの預け先を確保しておくことが大切です。

■必要条件を明確に
仕事探しにあたっては、お給料や勤務時間、休日の日数などの条件面で、これだけは譲れないというラインを自分の中で決めておきましょう。早退時の扱いといった細かい点も含めて明確にしておくと、就職してからのトラブルを避けられます。

■将来につながるか
プラスアルファで考慮したいのが、長く続けられる仕事かどうかということ。 シングルマザーはひとりで家計を支えなくてはならないため、金銭面が第一で、仕事内容にはそれほどこだわらないという人もいるかもしれません。しかし、子どもの成長にともない出費が増えることを考えると、自分自身もやりがいを感じながら長く働くことができ、昇進・昇給の可能性のある仕事を選んだほうが良いでしょう。
条件を満たす求人が少ない場合は、パートや契約社員から正社員登用を見込める求人に応募するのもひとつの手です。あるいはパートで働きながら関連資格を取得し、実務経験と資格を武器に正社員として転職するという方法もあります。

シングルマザーが就職・転職に失敗しないコツ

シングルマザーが就職活動を成功させるためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

■面接・履歴書での自己PR
面接官の中には 「勤務時間中にお子さんが熱を出したら、業務とお子さんとどちらを選びますか」 という質問をする人がいまだにいるようです。しかし、シングルマザーが就職や転職で圧倒的に不利かというと、必ずしもそうではなく、履歴書や面接時のアピール次第で、好印象を与えることができます。

ポイントとなるのは、必要以上にシングルマザーであることを意識させないこと。 「生活がかかっているので、どんな仕事でも頑張ります!」という姿勢が企業に信頼されるとは限りません。 それよりは企業の事業内容や業務に関して、他の応募者よりも徹底的にリサーチして深い理解と関心の高さを示すようにしましょう。 「子どものため、生活のためというよりも、私自身がこの会社で働きたいのです。私のスキルや適性を活かすことで、御社の業務に貢献できると思います」 “シングルマザーではいろいろとお困りでしょう”などと聞かれたら、このようにアピールするのが良いでしょう。自分を採用すると企業にはどのようなメリットがあるのか、具体的にイメージさせることが重要なのは、通常の転職活動と同じです。

ブランクが長い場合、職場でのコミュニケーションも企業側にとって懸念事項のひとつです。 面接時にはコミュニケーション能力を判断されますので、漠然とした受け答えは避けましょう。「ブランクの期間が長いですが、その間は子育て以外に何をしていましたか?」といった質問をされても、「独学で英語を勉強しておりました。結果として、基本的なビジネス英会話やメールのやり取りに困らないだけのスキルが身に付きました」などなどと具体的に答えられると、採用担当者に与える印象度を上げられます。 また、業務に関する説明は受け身の姿勢で聞かず、積極的に質問をして興味を示すようにしてください。
福利厚生と労働時間については、疑問に思うことを必ず確認するようにします。その際「御社で長く働きたいので、ぜひ確認させてください」という前置きをし、長く働きたいという姿勢をアピールしましょう。

●履歴書・面接必勝法
>>『履歴書・職務経歴書の書き方講座』

■母子家庭の支援制度
シングルマザーの就職を支援してくれる制度を有効活用しましょう。経済的な負担を減らしながら就職活動を進めることができます。
日本全国にある「母子家庭就業・自立センター」という機関では、シングルマザー向けに就労相談や職業紹介などを行っています。 シングルマザーに限りませんが、子育て中のママの仕事探しをサポートする「マザーズハローワーク」も利用してみましょう。

「自立支援教育訓練給付金」は、シングルマザー・シングルファザーの資格取得を応援する制度です。指定の教育訓練講座を受講すると、費用の20%が給付金として支給されます。看護師・保育士・介護福祉士・理学療法士等の専門資格の取得を目指すなら、「高等技能訓練促進費」の支給を受けることができます。2年以上の就学期間が必要な資格であれば、この期間中に月額10万円が支給されるので、金銭的な負担が軽減されます。

すぐに仕事が見つからない場合や仕事の収入だけでは不安な場合は、経済的支援を受けることができます。 例えば、ひとり親家庭向けの「児童扶養手当や、「母子父子寡婦福祉貸付金」です。これは給付金ではなく自治体からの借金という形になりますが、利子がゼロ、または超低金利で借りることができます。返済期間も3〜20年と長期で、返済開始まで猶予があります。

将来のために仕事のやりがいも大切に

「子どものため」。それがシングルマザーにとって最大のモチベーションかもしれませんが、応募先の企業にとっては関係のない話です。企業側が知りたいのは、応募者がどんなスキルや適性を持ち、入社したらどんな貢献をしてくれるのかということです。シングルマザーを歓迎する企業はたくさんありますので、支援制度などを活用しながら、自分のスキルを活かせるだけでなく、長く働けて昇給も期待できる仕事を探してみましょう。

⇒気になるお仕事見つけたら
>>『応募しようと決めたら』