女性・主婦のための【まつやまのオシゴト.com】|主婦のための履歴書・職務経歴書の書き方講座2

主婦のための履歴書・職務経歴書の書き方講座

講座ではこんなことを紹介していきます

・履歴書の選び方
・履歴書の書き方
・これで完璧!写真の撮り方 8つのポイント
・入学・卒業年月早見表
・職務経歴書の書き方
・「こんなときどうやって書く?」悩みに合った職歴の書き方
・送付状をつけよう
・封筒や宛名を書くときの注意点

これで完璧!写真の撮り方 8つのポイント

Point@写真は全力で撮る
まず目がいくのは写真です。
顔の良し悪しではなく、好印象を持たれるようなものに。納得いくまで撮り直す覚悟で。

PointAスピード写真でもいい
写真館やメイク付きのスタジオなどで撮れる人はそちらがいいでしょう。1万円くらいかかるので、余裕のない人はスピード写真でも可。技術の発達でかなりいいものが撮れるようになりました。すいているところを選んで、落ち着いて何度も撮り直せるところにしましょう。

PointB表情は笑顔で
証明写真というよりも自己ピーアール写真と思って撮りましょう。運転免許の写真とは違います。笑顔で撮ります。前歯が見えるくらいの笑顔がいいでしょう。

PointC化粧
写真はフラッシュがたかれると顔が白っぽくなるので、日頃よりは少し濃いめのアイメイク、口紅にするといいでしょう。

PointD服装
面接に行くときの服装で撮ります。スーツで行く人はスーツで。ブラウスの人はブラウスで。できるだけ襟が付いたものがいいでしょう。タートルネックはいくら寒い時でもスポーティなのでよくありません。仕事に向いた色合いの服装にします。

PointE髪型
髪が長い人は、顔にかからないようにします。必ずしも一つにまとめる必要はありません。顔がすっきり見えるように整えましょう。

PointFアクセサリー
イヤリングやピアス、ネックレスなどはつけないのが基本です。

PointGメガネ
それほど目が悪くなければ、なるべくかけないで撮りましょう。面接のときもできるだけしない方がいいです。目で熱意を伝えてほしいからです。メガネをしていると固そうに見えるし、年齢も上に見える傾向があります。

入学・卒業年月早見表

入学・卒業年を西暦と和暦で表記した一覧表です。履歴書を作成する時に参考にしてください。

履歴書を丁寧に書いたら、写真も丁寧に貼り付けましょう。
これで履歴書は完成!

⇒次は『職務経歴書の書き方』 履歴書とあわせて提出することが多い書類です。
>>『職務経歴書の書き方』

>>「応募書類の書き方」トップに戻る